外国人の社員、アルバイトはマイナンバーを保持しますか?

マイナンバーは

「住民票コードが住民票に記載されている日本の国籍を有する者および中長期在留者、特別永住者等の外国人住民」

であり、外国人社員、留学生もマイナンバーを保持します。

海外で働いている日本人は、住民票があるか否かにより、マイナンバーの取扱が変わります。

住民票がある人

平成27年10月に住民票所在地の住所に通知カードが簡易書留により送られます。海外に滞在していて受け取れない場合、通知カードはその市区町村に戻され、日本に戻ってきたときに市区町村の役場で受け取ります。


住民票がない人

日本に戻ってきて住民票の届出を済ませた後に発行されます。

 

 

留学生をアルバイトとして雇っている場合は注意!

留学生や家族滞在の在留資格でアルバイトを行う場合、原則1週28時間まで就労が可能です。平成28年から日本に住所を有している外国人にもマイナンバーが発行され、国は所得を把握できる体制が整ってきます。永住者や日本人の配偶者等以外の家族滞在や留学生扱いでアルバイトしている外国人も不法就労チェックが厳しくなる可能性があります。





外国人の方を雇い入れる際には、就労が認められるかどうかを確認しましょう!

 外国人の方は、出入国管理及び難民認定法(以下「入管法」という)で定められている在留資格の範囲内において、我が国での活動が認められています。現在、在留資格は27種類ありますが、就労の可否に着目すると次の3種類に分けられます。

(1)  在留資格に定められた範囲で就労が認められる在留資格18種類
   外交、公用、教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能、技能実習、特定活動(ワーキングホリデー、EPAに基づく外国人看護師・介護福祉士、ポイント制等)

 なお、一般の事務所での雇用のケースが多いと考えられるものは次の4種類です。

技  術………………… コンピューター技師、自動車設計技師等
人文知識・国際業務…… 通訳、語学の指導、為替ディーラー、デザイナー等
企業内転勤……………… 企業が海外の本店又は支店から期間を定めて受け入れる社員
(活動は、「技術」、「人文知識・国際業務」に掲げるものに限る。)
技  能…………………・ 中華料理・フランス料理のコック等



(2) 原則として就労が認められない在留資格 5種類

 文化活動、短期滞在、留学、研修、家族滞在

 「留学」及び「家族滞在」の在留資格をもって在留する外国人の方がアルバイト等の就労活動を行う場合には、地方入国管理局で資格外活動の許可を受けることが必要です。 
 資格外活動の許可を得れば、「留学」の在留資格をもって在留する外国人の方については原則として1週28時間まで就労することが可能となります。また、「留学」の在留資格をもって在留する外国人の方は、その方が在籍する教育機関が夏休み等の長期休業期間中については、1日8時間まで就労することが可能となります。これらの就労は包括的に許可されますが、教育機関の長期休業期間等、具体的な許可の範囲については、「資格外活動許可書」により確認することができます。 
 また、資格外活動の許可を得れば「家族滞在」の在留資格をもって在留する外国人の方についても、原則として1週28時間まで就労することが可能となります。事業主の方は、これらの在留資格を有する方を雇用する際には、事前に「旅券の資格外活動許可証印」又は「資格外活動許可書」などにより就労の可否及び就労可能な時間数を確認して下さい。 
 なお、これらの方にあっては、風俗営業等に従事することはできません。 

(3) 就労活動に制限がない在留資格 4種類

 永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者

 これらの在留資格をもって在留する外国人の方は就労活動に制限はありません。「短期滞在」の在留資格により在留している日系人の方は、地方入国管理局において在留資格の変更の許可を受けないと就労できません。 

◎ 入管法その他の法令に抵触しない範囲内で、公平な採用選考に努めてください。